ji-iのんべえ爺さん自転車に乗る

ちょっと飲んでは走り、走っては飲む爺です

誰が置いたのでしょうか、柿の実が一つ。ここへ置いたのは子供でしょうか?だとすれば「食べられるかな?」、「止めなよ!渋いよ、きっと!」...とおしゃべりしているうちに引率の先生に「もう行くよ!早くして!」の呼びかけで慌てて小走りに駆けていったのでしょうか?遠くでカラスが鳴いています。熟すまで待っているのでしょう。爺もいじらずに立ち去ることにします。

f:id:ji-i:20210923094417j:plain

誰が置いたのか 柿の実が一つ