ji-iのんべえ爺さん自転車に乗る

ちょっと飲んでは走り、走っては飲む爺です

芹ケ沢ゲートで通行料を払い坦々と茅野に下りていく。明日はもう東京に帰れるので少しでも距離をかせぐため富士見へ向かう。富士見着18時25分、駅前の旅館で旅装を解き、鯉の甘露煮をつまみに缶ビールで一人乾杯。他愛もなく朝までぐっすり眠ってしまった。画像の通行券は芹ケ沢のではなく茅野側の鬼場の料金所のもの。芹ケ沢は当時15円だった。日付のスタンプは43年(1968年)10月29日と読める。しかしなんで逆さに押すかなぁ!

f:id:ji-i:20210708143715j:plain

当時蓼科湖からの道は有料だった