ji-iのんべえ爺さん自転車に乗る

ちょっと飲んでは走り、走っては飲む爺です

竹のトンネルの向こうには何があるのでしょうか?。いつも「忙しい、忙しい!」と文句を言って走り回っているウサギがキノコの屋根を修理しているのでしょうか?入口は明るいけれど奥は真っ暗のようです。深い穴が開いていて落っこちてしまうかもしれません…

あと3カ月もすれば草木も枯れてこの公園には誰もいなくなるのだろう。クモの手足のように絡みながら青空を掴もうとする曲がりくねった柿の枝と腰掛けてくれる主を待ち続けるテーブルは束の間の休息に命を繋ごうとしている。北風に耐えて陽春を待ち望む姿を…

誰が置いたのでしょうか、柿の実が一つ。ここへ置いたのは子供でしょうか?だとすれば「食べられるかな?」、「止めなよ!渋いよ、きっと!」...とおしゃべりしているうちに引率の先生に「もう行くよ!早くして!」の呼びかけで慌てて小走りに駆けていったの…

ツリフネソウの群落を過ぎると遊歩道は下り坂になる。ともすれば自転車が先に進みたがるのを抑えながら歩いていくと、ススキってこんなに綺麗な花穂を風に揺らしながらそよぐものなのか...と認識を改めさせられる場所に出た。そしてさらに新しい発見!ススキ…

入ってすぐのところに以前はサクラソウが咲いていたのですが9月にはツリフネソウに変わっていました。して上がりはいかに?...両側の花にピントが合っていて真ん中がピンボケ、漫然と撮って失敗した見本です。ここは右の二つの花弁にピントを合わせて左の二…

今年4月に行ってきた水沢の森に再度出かけてみました。入口のベンチは保育園児たちが来て笹の葉やら落ち葉を手ですくってばらまいたような散らかりよう。自然と云えば自然、見方を変えればワイルドかな。爺はどちらかといえばワイルドや自然よりフィールド…

横浜市都筑区の徳生公園に行ってきました。あいにくまだ秋らしい景色にはお目にかかれませんでした。ヒガンバナも申し訳程度です。ここらあたりでは木々の葉が色づくのは11月下旬~12月上旬ぐらいでしょうか?年年歳歳季節感が失われていくようです。 ヒ…

矢上川からの帰り農産物直売所に寄ってみた。川崎市の中原区から高津区、宮前区にかけて農家が多く、こうして新鮮な野菜を販売してくれるのが有難い。今日はネットに入った大量の栗が珍しかったので購入した。栗の隣の生成りのサコッシュに入りきらないぐら…

近隣探訪 11 厳しい暑さも遠のき漸く近所を自転車で散策できる気候になった。久しぶりに矢上川に来てみると5月以来見ていない鴨がいた。たまたま一緒に川を覗き込んでいた人から「これは渡りをしないカルガモらしい」と教わった。爺にはまるで区別がつか…

熱海から湯河原、真鶴と矢のように走ってきた。真鶴を出ると急な坂道と南に向きが変わって向かい風!。トンネルを抜けると太平洋がドーンと現れる。海岸沿いの快適な道が小田原手前の早川まで9km続く。小田原着11時。速い!。伊東から上り下りの多い国…

一つ前の記事...赤根崎付近かも...の画像に写っていた、まだきれいなアルミボトルは翌年2月同級生と相模湖へサイクリングに行ったとき、火にかけて真っ黒になったのでプレゼントした。2018年その同級生と50年ぶりに再会した。あれから一度も使ってな…

3月31日金曜日旅の最後の日がきた。午前8時出発。昨日は旅の終わりの虚しさを感じていたが、現金なもので今日は家に帰れる嬉しさで気持ちがウキウキする。外に出ると南風がビュービュー吹いていてムッとする暖かさ、というより少し蒸し暑いぐらいの陽気…

亀石峠の上りは田原野あたりからだんだんきつくなる。時々自動車の窓から「がんばれよ!」と声を掛けられる。亀石峠着11時半。頂上は眺めが今一つの枯れ山、早々に下り出す。下りは上りと打って変わって大変な急坂、風を切って非常に寒い。やがて道の両側…

今月21日が十五夜だそうで。待ちきれない爺は今日からお祝いです。ああ名月や、名月や。今夜は久しぶりに日本酒でだいぶ回りました、ハイ。すみません。おあとがよろしいようで。では失礼します。 あぁいい月じゃ!いい月じゃ!

3月30日木曜日、8時出発。旅もそろそろ終わりに近づいてきた。一抹の寂しさと家に帰れる喜びの入り混じった複雑な気持ちが交互に頭の中を通り過ぎていく。このまま伊東に寄らずに箱根を越えて真っ直ぐ帰宅しようかな...と安易な考えがふとよぎる。だめだ…

沼津から東海道本線の南側の道を進み午後3時三島に着いた。ここの契約旅館は今までで一番ショボい。食事は台所で摂るんですよ!。下宿の学生って扱いだな!、プンプン!。20年ぐらい前に行った秋田の湯治場みたいだ。蒲郡の400円の旅館もすごかったが…

海岸に沿って延々と松林が続くところに出た。いわゆる千本松原だ。松の木が海風を受けてみんな富士山側に傾いている。このあたりから空が曇ってきて肌寒くなってきた。とともに気持ちまで寒くなるから不思議だ。静岡市から見た富士山は切れ味鋭く見えたが曇…

興津を過ぎると南アルプス南端の山塊が左から迫ってくる。駿河湾に落ち込む狭い狭間に何本もの鉄道と道路が集中している。特に由比付近では海側から東名高速、国道1号線バイパス、東海道本線、旧東海道、県道と並んでいる。爺が通ったのは県道に格下げされ…

海岸線の道路を走ると石垣全体がビニールハウスに覆われていて赤いイチゴが鈴なりだ。今では山の中腹まで石垣を積み上げ立派な観光農園になっている所もあると聞く。さっきからフロントマッドガードがビビっている。清水駅前交番で尋ねたらクニモチサイクル…

3月29日水曜日駿府城近くの転勤者用宿舎を出て一路南下する。天気は晴れ、ただし風は冷たい。10分で登呂の遺跡に着く。竪穴式住居を見学した感想、雨が降ったら入口からどんどん水が入りそうだな。昔の人はどうしていたのだろう?。登呂の遺跡から海岸…

台風が近づいているそうで...雨が降る前にひとっ走り。ここは自宅から500m、川崎市宮前区小台というところ。この坂の上に無添くら寿司がある。この坂がきつくて最近はくら寿司には行ってない。東急田園都市線鷺沼駅から坂道を下りてきたらヒガンバナが咲…

この宇津ノ谷トンネルは上り専用として現在でも供用されているが当時は対面通行をしていた。1998年に下り専用トンネルができたのでこちらを上り専用としたもの。現在の国道1号線は小夜の中山を越えた後、金谷の街を北に大きくバイパスし旧東海道から遠…

小夜の中山の二つのピークを越えて曲がりくねった道を下りていくと左に金谷の街がパァーッと広がり狭苦しい山路から解放されて爽快な気分になる。街に入るとすぐ大井川を渡って島田の街並みへと続いていく。藤枝の大きな街に入るころから天候が回復してきて…

天気が良いので近所を散歩してきました。今年は例年より早くヒガンバナが咲き始めたようです。 厚木街道 鷺沼 新道旧道分かれ道にて

この場所はよく覚えている。国道1号線の小夜の中山トンネルを抜けた途端パッと目の前が開けて気持ちの良い場所だ。今でも風景はほとんど変わっていない。写真には写っていないが右の方に宝暦5年(1751年)創業の食堂兼土産物を商う小泉屋がある。中で…

3月28日火曜日、午前8時出発。昨日の雨は止んだが空は曇っていて気持ちがすっきりしない。掛川を過ぎて東海道の三大難所の一つ小夜の中山に差し掛かる。漂泊の歌人西行法師が1187年69歳で越えたとき「年たけてまた越ゆべしと思いきや~」と詠んだ…

3月27日月曜日宿を出ると生憎の曇り空、走り出すとすぐポツポツ降ってきた。今日から走る方向が東に変わる。旅程も半分過ぎた訳だ。国道1号線に出ると見覚えのある所に来た。汐見坂だ。3年前の1964年奇しくも同じ3月27日、父親の転勤で兵庫県西…

3月26日日曜日、走り出すと汗ばむくらいの陽気だ。三日前の鳥居峠の雪がウソみたいだ。画像の場所は猿投付近と自分でメモしているがさっぱり思い出せない。もしかしたら違っているかもしれない、その際は年寄りに免じてご容赦下さい。焼き物が並んだ店で…

昨日の続きの近所の老人ホームです。写真を撮っていると中から係りの方が爺のことを窺っているように見えました。撮影許可はもらっていないので軽く会釈したのですが、お気づきにならなかったようです。ちゃんと許可をいただかなくてはならないのに申し訳な…

3月25日土曜日、叔父に手配してもらった宿は中津川から43.7kmの多治見の街の中にあった。43.7kmですよ!、あまりにも近すぎる!。叔父はサイクルツーリングのことを弥次喜多の珍道中ぐらいにしか考えていないのかな?でも叔父の手配はここまで…